動かない車は買取もできないんじゃない

車の売却、その査定を考え始めたら、ネット上の一括査定

動かない車は買取もできないんじゃないかと考える方がけっこうたくさんいますが、動かないような車でも、買取をしているところはたくさんあります。

一見、動かない車に価値なんてないように思いますが、たとえ動かなくとも価値はあるのです。

そこに使用される部品は再利用ができることですし、車というものは鉄なので、ただの鉄としても価値があります。車を買い換える際は下取りに出すのが一般的ですが、中古かんたん車査定ガイドも候補にいれてみませんか。

下取りはすべておまかせですが、買取は査定に来てもらう手間があります。売るほうの気持ちの問題もありますが、車の車種や補修履歴などの状態によって、下取りより買取のほうが妥当なケースも多いと思います。

私は下取り価格が不満だったので、買取業者にも値段をつけてもらいました。

その結果、買取業者のほうが高かったのです。

あの下取り価格を提示したディーラーさん、ある意味ツワモノだと思いました。

買取業者は即日で現金で払ってくれたので、下取りなしで車を購入。

月々のローンを軽減することができました。

ほんの1週間の時差で得するなら、そちらの方がいいですよね。

中古車買取業者を利用するときは、走行距離によっても査定に大きな違いがでることを知っておくべきでしょう。

1年1万キロというのを聞いたことがないでしょうか。

5年で6万キロと3万キロの車があったときは3万キロのほうが高値になります。

このように走行距離が少ない車は標準の査定額よりアップします。しかしこれが10万キロを超えているような場合は見た目が良くても、値段がつけにくい車となります。もっとも、これは単純な目安に過ぎません。

車の種類や状態によっても幅があるようです。