車の買い換えですが、最近では、業者の査定

一度知り合いに「楽だよ」とすすめられて

車の買い換えですが、最近では、業者の査定を受けて売却するという人も増えてきています。

ところで一つ気にしておきたいことがあり、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。

車の売却時、業者と契約書を交わしますが、そこに買取査定規約が記載されていて、車の事故歴について、それを把握している場合は申告の義務があるとされています。

この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、売買契約を済ませた後でも業者側からの事後減額要求が可能とされており、くれぐれも事故歴の申告を怠ってはいけません。車を売る時に必需品の一つが、車検証です。

けれど、査定だけなら、車検証をわざわざ用意しなくても受ける事が可能です。

それは、査定だけなら契約にならないからです。売買契約を取り行う時には、必ず車検証が要ります。

車検証を忘れると登録抹消、名義変更ができないのです。

一般的には、車を査定に出す時、洗車をしておいた方がいいのかというと洗車すべきという人、と洗わなくていいという人がいます。普通に考えると、査定の人に見てもらうのですから、きれいにしておいた方が、少しは良い結果につながりそうなものですが、そうやってきれいにすると、小さないくつもの傷が見えてくるようになります。確かに汚れで傷は隠れるでしょうが、そうはいっても査定人だってこの道のプロ、こういったケースにも慣れています。洗車をしたかどうかに関わらずキズの見落としをするとは考えにくいでしょう。

そうであるならば、汚れた車を査定人に見せて印象を悪くするよりも、ざっと汚れを落とすくらいは、是非しておきたいものです。