買い換える前の車は年式も古く、車検期間も僅かしか

それまで乗っていた車を新しい車に買い換える場合

買い換える前の車は年式も古く、車検期間も僅かしか残っていなかったので、引き取ってもらうにしても無料引取りになると思っていました。そのため今回、新車を買った店にタダで引き渡しを済ませてしまったのですが、引取りに出した私の元愛車が後日、そこそこ高値で店頭に並んでいるのを目撃しました。

どうせこうなるなら、買取の業者に依頼して適正な売却価格を調べておくべきだったと今になって悔しく思っています。インターネットを使って中古かんたん車査定ガイド業者に査定をしてもらおうとすると、電話番号など個人情報を打ち込むようになっているところが全てとは言いませんが九分通りといった状態です。ネットで簡単に査定を受けてしまいたいところだけれど、電話をかけてこられたりするのは面倒だし迷惑だとして、インターネットでの査定に気乗りしない人がいてもおかしくありません。それに対応したものかどうか最近は、電話番号をはじめとした個人情報を記載しなくても使用可能なおおまかな買取額を知ることできるサイトも出てきましたし、一度使ってみて自分の車がどれくらいで売れるのか知っておくのもいいかもしれません。

車を手放すにあたって気になるのは「車査定とディーラー下取りどちらがお得か」という事ですが、車の状態や車種、需要の高いものであれば、車査定の方が、買取額が高い事が多いようです。

と言いますのも、ディーラー下取りは一律の標準査定価格を基準として判断しますし、新車の値引きを含んだものが提示されることが大半のようです。そのため、価格の交渉が困難になることは必至で、車の評価額が、曖昧なままになってしまいます。

こうしたことを踏まえてみると、中古車買取業者への売却を選択したほうが高く買い取ってくれることが多いようです。