子供が家族の一員になったので、2シー

中古車買取店に車を査定してもらいたい場合は、直接そ

子供が家族の一員になったので、2シーターの車を買い換えることにしました。独身時代から乗っている車ですから、愛着が詰まってました。

新車を手に入れるため、売却することにしました。

想像していたより、低い査定額となりましたが、傷が残っているので、諦めるほかないのかもしれません。

普段ご利用している車の価値が気になった場合にお世話になるのが、車査定です。

いくつかの中古車買取業者のサービス次第では、自分で車を持っていかなくても業者自身が自宅まで来てくれる場合があります。

また、査定場所を指定出来るため、自宅以外にも出張に来てくれる業者もあるそうです。例を挙げて言えば、修理工場で査定をお願いするなんてことも出来るわけです。とはいえ、査定額に満足するかはご自身の判断ですので、納得できなければ無理に話を進める必要はないわけです。自家用車の買取そのものには手数料やサービス料などはかかりません。もっとも、売主が負担するべき出費はあって、たとえば車の名義変更をするのに売主でなく買主側で変更するのが慣例になっていますから、買主は代行手数料という形で支払います。代行手数料の支払いは、査定金額と相殺してもらえるなら現金のやりとりは必要ありません。相殺しないときは契約書を交わしたあとに別途支払うこともあります。定価はありませんが、ここで利益を出そうという業者はいないので安心してください。

それと、あまり大きな額ではありませんが、売却時には元の所有者の印鑑証明書と住民票が必要なので、発行手数料(印紙代)がかかりますが、あわせて5?600円程度です。郵送請求の場合は時間がかかることに注意してください。