車を売る時には、色々な書類が必要で

車の買取を検討している場合、いくつかの業者に査定してもらっ

車を売る時には、色々な書類が必要です。

例えば、車検証をはじめ発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などが主な書類となり、また実印も準備することが必要です。あとはお店で書く書類として、譲渡証明書、委任状などもあります。車の買取においては、複数社の査定を受け、最も高値となる業者を選ぶのが得策ですが、いざ業者を決めた後、他の業者にはどう言って断ったものか思いつかない人もいるかもしれません。しかし、これは簡単なことで、もっと良い額を付けてくれる業者が他にあったのでと告げればそれで十分です。

この際、どこの業者がいくらで買い取ってくれるか言ってもいいでしょう。それから、一社一社と個別にやりとりするのが面倒に感じるなら、同時査定を利用して手間を省くこともできます。

自分の車は以前事故に遭っています。歪んだフレームを直してもらったので、修理歴のある車ということになるでしょう。しかし、簡単に見ただけでは事故や修理の痕跡はわかりません。

買取をお願いするときにそのことは正直に告げないといけないのでしょうか。

後になって減額請求などと言われても気分が悪いですし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。

そうしたリスクを抱え込んでしまうと思うと、修理歴のことは正直に報告しておくことにしました。