下取りにより車を引き取ってもらう際には名義

車を売る場合には車を査定してもらうことが多

下取りにより車を引き取ってもらう際には名義を変更する手続きが発生するので、ちゃんと書類をまとめとくのが必要です。

名義変更の手続きの場合は、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書が必要なのです。

あと、譲渡証明書にハンコを押すので実印も必要になってきますので忘れず用意してください。

今日では車の買い換えをする際、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。

こうした中、注意しておきたいのは、査定を受ける車の事故歴、修復歴について、わざと伝えず、隠そうとした場合はどうなるのか、です。

売買契約時に店と契約書を交わします。

そこに記載されている買取査定規約を見てみると、そこに、車を売却する人が、その車の事故歴についてわかっている場合には申告義務があることが書かれています。

この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、契約後、あるいは買い取り後であっても業者側からの事後減額要求が可能とされており、くれぐれも事故歴の申告を怠ってはいけません。

査定時、実際には車の何を見るのかというと車種やメーカーのみならず、車検証を見て、そこに書かれた年式、グレード、ボディカラーの確認をするのも当たり前のこととなっています。そして、各機器や車自体の動作チェックがおこなわれ、外装も隅々までみますし、もちろんエンジンルームの点検も入念に行われるのが当然のことですし、あれこれ含めると、車の査定を受けるのには15分、あるいは30分位はかかると知っておきましょう。