いままで乗っていた車を売却すると、これ

車の査定はしてもらいたいけど、個人情報だけは教えたくない

いままで乗っていた車を売却すると、これから乗る予定の車が納車される日までの期間、車がないという状態になります。

週末ドライバーならあまり気にならないかもしれませんが、日常的に車を使う場合は必要に応じて代車を用意してもらうことになります。

実際、代車の手配はどこの買取り業者でもやってくれるかというと、そうでもありません。新しい車がいつ納入されるかにもよるでしょうが、必要になりそうなら、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか一社ずつきちんと確認しておかなければなりません。

ローンの返済が残っている状態であろうと、場合によっては車を売ることもできます。

もっとも、車検証の所有者が売主であることが条件です。

まだ名義がローン会社になっている場合は、残りの債務を返済しつくすまではローン会社所有の車ということになりますから、ローンが終わってからでなければ売ろうにも売ることが出来ないのです。もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。

以前に私は車の買取以来をしてみたことがあります。私に限らずとも、買取を希望されるほとんどの方は高く買い取ってほしいと思うはずです。

そのためには車関係の雑誌やインターネットの買取サービスなどを利用して、買取価格の相場を掴んでおくことが重要だと思います。そうすると、高く買い取ってくれる可能性は上昇すると思います。新車に買い換えるときは、古い車を下取りに出すか買取にだすか迷いますね。

でも、ちょっともったいないと思いませんか。

下取りはラクだけど値段は言い値で、買取のほうが高くなるかもしれないですよ。

売るほうの気持ちの問題もありますが、年式なりの状態の良し悪しで、下取りでないと価格がつかない車もあれば、買取で高く売れる場合もあります。

僕は前に安く下取りに出して悔しい思いをしたので、今回は下取りと買取で競合させてみました。すると下取りのほうがかなり安いことに気づきました。

買取業者に「査定通りで買うんですか」と訊いてしまったほどです。

30万円までは即日現金払いという業者さんだったので、引取りと同時に現金を貰い、さっそく新車の頭金にあてました。

下取りでいいのにと渋っていた家族も、このときは「すごーい」と言ってくれました。

中古車の買取専門業者に依頼をしたい時には、いろいろな種類がある書類を用意をすることが必要です。

ものすごく重要な書類としては、委任状です。

用意するべき書類が揃っていないと、古くなった車の買取を依頼することはできません。

事前に用意しておくようにすると、途中で、何のトラブルもなく買い取ってもらえるでしょう。査定額についてですが、人気の高い車種は査定を依頼しても、高値を付けてもらえます。

代表的なもので言えば、トヨタのプリウス、ホンダのN-BOXや日産のセレナといった車種は査定額が上がりやすい、人気の車種です。しかし、購入当時には人気の高いクルマでも、売ろうと思った時にはそこまで需要が高くなければ、反対に高額買取は見込めないでしょう。

買い換え前に乗っていた車は車検期間もあまり残っておらず、年式も古かったので、有料で引き取ってもらえる気はしませんでした。

そのため、新車を買ったときに無料で引き渡してしまったのですが、しばらく経った後、その引き取ってもらった車が結構な値段で売られているのを見ました。

どうせこうなるなら、買取の業者に依頼して業者に売却した場合の金額を聞いておくべきだったと今になって悔しく思っています。比較的高い金額で買い取ってもらえる車というと軽自動車がダントツです。

「日常の足として、とにかく安さ優先というお客様に売れる」「代車としての用途もあるので利便性が高い」という話は中古車業者の間でもよく言われているようです。最近では、軽自動車でも普通車に匹敵するような大きさの車もあり、意外にもファミリー層が買ってくれることもあるようです。軽なら燃費が良い上に税金も大変安く、よく売れているため、買取査定で有利なのも頷けますね。車にできてしまった傷や故障は、壊れた個所を改修せずに状態を査定してもらうために出しましょう。

大小関わらずすり傷や壊れた個所があれば、それだけ査定の評価額は低い水準になってしまいます。

しかし、傷や壊れた個所は、買ってくれる会社が自社において調整整備、修理をしてくれるので、査定前に直しておくことは要求されていません。

マイナスの査定で減額されるよりも、直す金額の方が高額になってしまいます。

特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、査定時に減額されないことが多いので、あまり神経質になることはありません。触ったときに明らかに引っ掛かる程度のキズやしっかりと目で分かるへこみ、塗装がはげていたりしては減点の対象に含まれますが、減額されるのが嫌だからと言って個人で直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。