思い切って車の売却を決め、査定サイトなどを使って

車を処分する際の査定にはタイヤのコンデ

思い切って車の売却を決め、査定サイトなどを使って業者を決めたら、今度は、車の実物を業者に査定してもらうことになりますが、実車査定の時点で揃えておきたい書類があります。自賠責保険証明書、それから自動車検査証(車検証)の二つです。

業者の訪問日時が迫ってきてからあわただしくしないで済むように、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に所在の確認をしておきます。

これらの書類の所在がどうしてもわからない、見つからない、なくしてしまったといった場合、再発行の必要があって、それなりに時間がかかりものもありますから注意してください。

中古車買取というのは思ったより簡単なものです。

金額が決まると、きちんとした会社の営業マンならこちらが書類を渡すだけで引き取りまでの一切の手続きを業者が行いますから、本当に手間要らずです。売主が用意するのは、実印と印鑑登録証明書、車検証、自賠責保険証と最新の納税証明書です。自宅にあるものばかりで、あらためて取得するのは印鑑証明書だけです。

あと、忘れてならないのは車のキーとスペアキーです。

代金を現金払いしない業者では後日振込みとなるので、振込口座(番号だけでOK)も必要です。

動かない自動車であっても、業者を選んだりすれば、売ることができるのです。

不動車でも買取をしてもらえるところに査定を頼んでみてください。

動かない車には価値がないと思いがちですが、修理により動くこともありますし、パーツや鉄としての価値もあるのです。

廃車を選択してしまうと、料金がかかりますから、売却することをオススメします。