一般的に車を査定してもらう流れは、はじめに

一括査定サイトを利用しようと思うときには、提携業者

一般的に車を査定してもらう流れは、はじめに一括査定をネットなどで申し込みましょう。中古車の買取業者によってこちらの打ち込んだ情報から査定額が表示されますから、査定の高い業者や、信頼できそうな業者を選び、実際に査定してもらいましょう。査定の結果に満足ができたら、契約をして車を買い取ってもらいます。お金は後日振り込みとなることが大半を占めます。

自分の車は何年か前に事故を起こしており、修理屋さんでフレームを直してもらったため、査定条件として「修理歴有り」です。とはいえ、事故の痕跡はパッと見ただけでは分かりません。

車の買取をしてくれる業者に修理歴を告げなかったらどうなるでしょうか。

後からバレて減額を要求されても嫌ですし、まして裁判など起こされたら只事では済みません。

様々なリスクが絡んでくると思うと、修理歴は素直に報告しておくことにしました。中古車の査定で、契約をした後に突然減額された、もしくは引き取られた後に減額されていたという噂をたまに聞いたりします。

車の引き取り後に減額をするのは、おかしな話です。判子やサインを売買契約書に押す(書く)直前までに、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、加えて、どのような理由から減額するに至ったかによって相手に求められる対応は変わることになります。

ただし、どのような理由があったとしても、自分自身が納得できないのなら買取をキャンセルしてしまうのも、一つの手段だといえます。